fix bar
fix bar
fix bar
fix bar
fix bar
fix bar

アジャイル開発

アジャイル開発

image

アジャイル開発 とは

現代的で新しい、極めて柔軟な開発手法です。システムの開発過程で、仕様の変更は当然行われるという前提で、厳密な仕様の決定は行わず、汎用性を持たせた仕様だけで開発を開始し、細かい単位で「実装→試験」を繰り返し、徐々に開発を進めて行きます。

  • お客様や弊社の開発者と共に、「スクラム開発」を行うことで、仕様の変化に「柔軟かつ臨機応変」に対応できます。
  • 求められる最終仕様に近づけるために、一定のタイミングでそれまでの作業を分析し、修正を繰り返します。
  • 小さな機能の開発を行い、その都度、開発過程を見える化し、お客様と一緒に内容を確認しながらシステムの完成を目指します。

メリット

  • 1~2週間単位のスプリント(時間枠)で、プロジェクトの方向性に随時修正を加えることができます。
  • 開発の途中であっても仕様変更が可能であり、そのような変更はもともと作業工程に含まれているものであり、大きな作業の流れを乱すことはありません。
  • 最速で試作品を立ち上げ、デモによりその評価を行い、早い段階で試験実施が可能なので、品質向上が見える形で現れてきます。
  • デモシステムを見ながらお客様と打合せを行い、その結果をフィードバックとして新しい仕様をすぐに適用することができます。

デメリット

  • 頻繁な仕様の変更が可能であるため、さまざまな技術を使い実験的によりよい方法を模索することから、全体の設計に十分気を使う必要があります。
  • プロジェクトマネージャに高いレベルの技術経験やプログラミング経験が必要となります。※弊社では、業界トップレベルの技術者がプロジェクトマネジメントを行いますので、ご心配はいりません。
  • 定期的な修正や技術の変更が重なりすぎる場合、プロジェクトを完成できないリスクがあると言われています。※弊社では、そのようなリスクを排除するための対策案を保有しています。
  • 完成後の製品がどうあるべきかを十分に想定できない場合、未熟なチームに開発を任せると、プロジェクトが停滞する可能性があると言われています。※弊社は、経験豊富な開発チームが作業にあるため、ご心配はいりません。

作業工程

工程 反復工程 内容 作成資料/成果物
提案依頼 お客様より、求めるシステム開発の範囲をお伺いし、システム開発のご提案を行います。 提案依頼書
基本契約 ご提案内容に納得いただいた場合、基本契約書の締結を行います。 基本契約書
個別契約 設計工程で合意が得られた場合、プログラム製造工程における個別契約の締結を行います。 個別契約書
(反復開発) 要求定義 システムに対する要求事項をお伺いし、要求内容の取りまとめを行います。 要求定義書
↓ ↑ 要件定義 システムに対する要求事項を基に、システムで実現させる機能を決定します。 要件定義書
↓ ↑ 基本設計 システムの画面やデータとして、表面に現れる仕様の設計を行います。 基本設計書
↓ ↑ 詳細設計 システム内部の動作や細かい仕様の設計を行います。 詳細設計書
↓ ↑ 製造 プログラミングを行い、システムを製造します。 プログラムソースコード
↓ ↑ 単体試験 詳細設計で決定した仕様どおりの動作であるかの試験を行います。 単体試験仕様書兼成績書
↓ ↑ 結合試験 基本設計で決定した仕様どおりの動作であるかの試験を行います。 結合試験仕様書兼成績書
(反復開発) デモ 現段階でのシステムの動作をご確認いただき、お客様と相談しながら今後の変更点などの取りまとめを行います。 デモ
システム試験 要件定義で決定した仕様どおりの動作であるかの試験を行います。 システム試験仕様書兼成績書
受入試験 お客様に、システムが希望通りに動作するかを試験していただきます。 受入試験仕様書兼成績書
納品 受入試験に合格後、検収を行っていただき、システムを納品します。 納品物
本稼動 納品したシステムを実際に使い始める際に立会い、無事に稼動する事を見届けます。
保守・メンテナンス 実際にシステムを使い始めて発見された「気づき」に対し、アフターメンテナンスを行います。

サービス

システム開発全般

小・中規模(100万円~10億円程度)のシステム開発を行います。 Webアプリケーション、クライアント&サーバーシステム、デスクトップアプリケーション、スマートフォンアプリ、ExcelやAccessを使用したアプリケーションなど、幅広く開発を行います。

アジャイル開発

現代的で新しい、極めて柔軟な開発手法です。システムの開発過程で、仕様の変更は当然行われるという前提で、厳密な仕様の決定は行わず、汎用性を持たせた仕様だけで開発を開始し、細かい単位で「実装→試験」を繰り返し、徐々に開発を進めて行きます。

ウォーターフォール開発

業界においては、極めて古典的な開発手法です。システムの開発過程で、原則的に仕様の変更は行われないという前提で、各工程ごとに厳密な仕様の決定を行い、「要求定義→要件定義→設計→実装→試験」の計画を立てて、順序よく確実に開発を進めて行きます。

言語&フレームワーク

C#、VB.NET、VB6、Java、JavaScript、Swift、Kotlin、PHP、ActionScript、ColdFusion

.NET Framework、ASP.NET MVC、WPF、Silverlight、Spring MVC、Bootstrap、Cack PHP、FLASH、ColdBox

オペレーティングシステム

Microsoft Windows Server、Microsoft Windows、Microsoft Windows Azure、RedHat Linus、CentOS、Apple Mac OS X、iOS、Google Android

データベース

Microsoft SQL Server、Microsoft SQL Azure、Oracle、MySQL、PostgreSQL